ブログ

2015/12/14
「自分を大切にしよう!」と思えるようになった?プロボディデザイン集中コースを受けて*ご感想

こんにちは!
「愛したくなるカラダ、愛され続けるカラダをつくる」プロボディデザイナーのaccoです。

1ヶ月に5回集中コースでご来店下さっていたCさまから、とても素敵なご感想を頂きました。

↓↓↓ここから

***************************************************

私は元々月に1度サロンへ行けるかどうか?

ボディデザインをしてもやはり期間があきすぎると戻ってしまう。を繰り替えしていました。

今回はaccoさんのすすめもあり、1ヶ月に5回施術を受けるコースにチャレンジしてみました。

猫背で姿勢が悪い私はクビレも殆どなくキューピーみたいな幼児体型でした。

あと、おっぱいの左右差が大きく横に広がっていました。

そのため洋服によればポッテリしていて、着たい洋服を我慢したりしていました。

施術をしていくにつれクビレができ、女性らしいラインが久々に現れました。

バストの位置が高くなったりおっぱいに丸みがでて、左右差が少なくなり、横の広がりがなくなることで、少しずつ大きさも気にならずいれるようになりました。

姿勢の悪い私は、施術をうけならがウォーキングを取り入れました。

2つの相乗効果もあり姿勢が改善され、お腹のクビレやおっぱいの位置があがるという、嬉しい効果が出たと思います。

壁に体をくっつけて姿勢を正す練習をしたり、おっぱいケアやブラジャーのつけ方のアドバイスや、身体に触れながら状態を問診し、漢方から私に必要なものを紐解いてくれました。

accoさんは雰囲気が柔らかく尋ねやすい

もしくは自分が「う~ん?」と悩んでいた事を「~じゃないですか?」と当てられてしまいます。

accoさんはボディデザインだけではなく、漢方の知識やメイクアップの勉強もされていたり、他にも色々ご存知なので、いろんな視点からみてくれますよ!

ウォーキングもaccoさんからのすすめで始めました。

人の身体は変化するものなので、その時々に会わせて必要なケアやアドバイスをしてくれます。

そして、その度に自分の女性らしさを感じて嬉しい気持ちになります

ほんとに魔法です

プロボディデザインの施術を受けるようになってから、自分の触れ方が変わって、「自分を大切にしよう!」って意識的に思うようになりました。

私は自分に自信がない人間なのですが「自分くらい自分のこと可愛いって褒めてあげないとね^ ^」って言われてからです。変わり始めたのは。

これから自分がどんな風に変わるか楽しみにしてます。

私次第でもありますが、よろしくお願いします。

40代/Cさま/大阪府在住

***************************************************
↑↑↑ここまで!

Cさま、ありがとうございます!

感動です。嬉しい!

Cさまはお仕事柄体中がパンパンカチカチ。

歪みやムクミもかなりあり、身体の中の巡りも悪くなられていました。

キューピーちゃんは可愛いけど…幼児体型はやっぱりイヤですよね^ ^;

image1.JPG

写真では少し分かりにくいかと思いますが、スネに浮き出ている血管の色が全然違います。

左側はアザのようにドス黒い色をしていますが、右側は綺麗なお肌になっていますね。

12367009_817282368397159_440940008_n.jpg

漢方で紐解き、身体の中の流れが良くなる事でムクミが改善され、+プロボディデザインで肉質も柔らかくなり、カタチが作りやすくなりました。

お背中を見てみても、脇のプニプニお肉がなくなりクビレが出現。お尻への曲線もとても綺麗です。

それから!

カラダやお顔、お肌への「触れ方」もとても大切。

「お肌の触れ方ひとつ」で、肌の質感が良くなったり悪くなったり。

「お顔の触れ方ひとつ」で、タルミが出来てしまったり、逆にリフトアップされたり。

「身体の触れ方ひとつ」で、クビレが出来たり寸胴になったり。

雲泥の差!

同じ「触れる」なら、ハリ、ツヤ、クビレを蘇らせるような「自分を大切にする触れ方」をしたいですね。

普段何気なくされている行動からクセを読み取り、お一人お一人に合ったアドバイスさせて頂いております。

L’Atelier acco <ル・アトリエアッコ>

オーナーセラピスト   矢田部 晃子

※12/19(土)10:30~プロボディデザインとうるおい漢方で紐解く「艶めくお肌の触れ方ミニセミナー」をサロンにて開催しております。何か1つ体質のお悩み解決&艶めくお肌の触れ方を知りたい方は、ぜひお越し下さいませ^ ^

詳しくはこちらをご覧下さいませ→☆☆☆

最新情報

■キャンペーン

■メディア

■セミナー

PAGETOP